L T

LTは、ローリングが強く、レイクトラウト、岩魚に実績があります。 ベーシックサイズは LT150(15cm)。 他には14.5~18cmまであります。 
ORAのビッグミノーの原点であり、開発当初からレイクトラウトで多くの結果を出していた ミノーで、中禅寺湖では必需品。

L TⅡ

LTの細身のモデルです。LTⅡは体高がLTの3分の2ほどで、やや太いモデルです。
LT開発当初に作られたモデルで、結構釣れたので製品化されていますが、ほとんど作られたことのない希少モデルです。
サイズは14.5~20cmまであり、中には角リップのついたモデルも存在。

​L T B

LTBはベントタイプで2001年秋、超大型ブラウントラウトを狙うために作られたスペシャルモデルがスタート。ベーシックサイズは、LTB168(イロハスペシャル)16.8cmで、他には14.5~22cmまであります。ウォブリングが強く、ブラウントラウト、岩魚、サクラマス、レインボートラウトに実績があり、オールマイティなタイプ

​L T K

LTK通称”刀”はLTBのベントをさらにきつくしたタイプでLTBよりもさらにアピールに優れたアイテムです。
テストでもかなり良好な結果が得らていますので2006
年の新アイテムとして登場。

L T D

LTDはLTZの中層ビッグミノーです。 以前はLTZで呼ばれていましたが、 ビックミノーとしてのカテゴリーをはっきりさせるためにLTDとなりました。
LTDはディープを攻めるために活躍するミノーでほかのビックミノーよりややスロー目に 深場を流すのに重宝するミノーです。
LTDという名前は145mm以上のミノーに つく名前。

L T T

2003年、80cmオーバーのオスのブラウントラウトを狙う為に作られたモデルです。 スタンダードサイズはLTT168(16.8cm)です。 
LTBのウォブリングとLTのローリングのいいところを受け継ぎ、アピール力のある モデル。 

​L T G

LTGは、フローティングで左右にスライドしながら泳ぎます。LTPなどいろいろなテストモデルを経て遂に2003年に完成。 

​L T Z

表、中層の早引きから、ズル引きまで全てに対応するオールマイティーな トローリングベーシックミノー。ストレートタイプとベントタイプがあり、ベントタイプは早引きには不向き。 テールフックタイプLTZ100(10cm)が最大。。2004年LTZ130、13cmの大型モデルが登場。 こちらのモデルは2フックモデル。お腹にもフックが装着できるため、テールフックでの ミスバイトを軽減